8月に行われた北九州記念で勝利し、熊本産馬として初の重賞勝利馬となった3歳牝馬ヨカヨカが、左第1指節種子骨骨折により競争能力喪失と診断され、引退することを知りました。

骨折の原因は今月の22日の調教後に地下馬道で暴れたことが原因のようで、まだまだこれからの子で次のスプリンターズSも楽しみだったので、本当に残念です。

名前が可愛くて前々から応援していて、北九州記念の時も新しい白いメンコが可愛かったです。勝った時はやったね!と嬉しくてちょっと涙がでました。

競走馬としては引退になってしまいましたが、命に係わるものではなかったので少し安心です。
これからは繁殖牝馬として活躍していくとのことなので、ゆっくり骨折を治して、これからは元気な次の世代を生んでくれるとこを期待します。

短い間だったけど、競走馬生活お疲れさまでした。ありがとう!


北九州記念勝利のときに記事を書いています。記事の前半が北九州記念についてです。
北九州記念&札幌記念2021 感想! 熊本産馬のヨカヨカ、地元九州でついに重賞制覇!&ソダシ、久しぶりの出走でも勝利!